メニュー

HISTORY

2016年10月27日 - 投稿一覧

SHI-Gの発足から2016年現在、これまでの歴史と実績です。


2014年6月 発足

当時の「スマブラX」有志オフ大会である ウメブラ・スマバト の配信を手がけるため、関東・関西のメンバーでキックオフ。
当初より Twitch / YouTube を活用。

[ウメブラ・スマバトの大会は年8回程度ずつ開催。適宜割愛して記す。]

2014年9月 大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS 発売(通称「スマブラ4」の開始)

上記はウメブラ8決勝の動画。現在29万回再生。

2014年12月 Apex2015 World Circuit : スマブラDX Japan Qualifier を放送(Battle Gate Way #6)
(Nintendo of America のオフィシャルパートナー大会の日本予選を担当という意。)


2015年

2015年 6月 キャラクター:しぐれーぬ誕生(Illustration by : なまーた)

2015年 6月 ウメブラ17 [ダブルストーナメント] 開催。
この際に他を蹂躙した シーク+ゲーム&ウォッチ のペアが世界に反響を呼び、EVOサイドトーナメントを含む世界各地の大会で禁止ルールとなる。

2015年 9月 ウメブラ F.A.T. 配信。
最大同時視聴4300を記録。(累計来場者数14万以上。)ウメブラ運営はNairo, Ally, Vinnie という超強豪を招待し、2日間開催。日本のNational大会のロールモデルとなった。

2015年 12月 PreKVO スマブラforWiiU部門配信。同時視聴2000超。
決勝の試合は「結婚上スマ」として有名。(優勝したあーす選手がプロポーズし、その様子が動画化されている。)

この年から、ウメブラ・スマバトのみならず、

修羅ブラ(福岡)
HST(北海道)
ヒロスマ(広島)

といった地域大会が安定して開催されるようになり、SHIGのコンテンツが拡充。
また、

東京理科大(理科ブラ)
早稲田大(早稲ブラ)
立命館大
京都大

といった大学での大会も世界ルール準拠で開催され、SHIGにより配信されている。


2016年

2016年 3月 関東支部がG-Tune様よりスポンサードを拝領。

2016年 4月 CyAC 様の協力でウメブラトークショーが開始。

2016年 5月 KSB2016 スマブラforWiiU 部門配信。
(大阪でのマルチゲーミングイベント。味園ユニバースで開催。)

2016年 7月 スマバトfor TBH 開催
(大阪:勝者はアメリカのNintendoオフィシャル大会 TBH6 へ渡航)。同時視聴2500。

2016年 8月 ウメブラS.A.T. 配信。
最大同時視聴5300を記録。(累計来場者数15万以上。)昨年同様、ウメブラ運営はNairo, Mr.R, Dabuz といった超強豪を招待。

 

2016年9月 ウメブラ25 配信。
最大同時視聴3500。北米の名門プロチーム:CLGのメンバーから VoiD, NAKAT, Keitaro、および実況で著名なD1が来日。

2016年11月
メンバーの9Bが UAE Dobai Dojo にプレイヤーとして招待される。ドバイでの大会を優勝。

2016年12月 ウメブラBenQ ZOWIE カップ 配信
BenQ 様の新統一ブランド:ZOWIE の告知活動の一環として名を冠した大会を配信。


2017年

2017年1月 SGC 配信
スマブラ4 + ポケモンS/M の2タイトル同時開催。運営はウメブラおよびシングル厨のつどい。スマブラ部門のみならず、ポケモン部門Top3もSHIGにて配信。